2017/03/311 Shares

心と身体が辛ければ心療内科を受診してみませんか?2

季節の変わり目、春先と秋口に自律神経が乱れて?(※医師出はないので知識としてです)、不安神経症(※心療内科での診断結果)が毎年発症する私ひろたつです。

とはいえ、もう5年近く薬無しでなんとかなっているので(※正確には、薬無しでやり過ごしてるのがいいかどうかは謎m(__)m)、その辺を少しお話してみますね

スポンサーリンク




一番辛かったのは病気の原因がわからなかった時!

発症した当初は、突然襲ってくる不安に苦しみました。上手く表現出来ませんが何も思い当たる事がないのに、人生が終わってしまうかのような事をしたんじゃないか?今日起きるんじやないか?等々が一日中頭の中をグルグル回ってましたね。

当時の(今も多少)身体的症状は?

  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 身体の震え
  • 記憶障害

でした。

考えられる発症の原因

医師にも話したのですが、単純に当時の会社で中間管理職で忙しかったのと、仕事上のトラブル連発でプチ監禁されたり、弁護士交えた交渉等重なった時期ですね

記憶障害は自分では気が付かなくて、当時の同僚に指摘されて認識しました。「ひろたつさん、それ終わってますよ!」「えっ?」が私が思ってる以上に頻発して心配してくれたみたいです。

1つ目の病院では何も改善されず!

当時の私は「精神科・心療内科」の受診に抵抗があり、住んでいる地域から少し離れた適当に見つけた病院を受診しました。大きな病院でしたが、簡単な診察とそこへ通う事への自分自身の気持ちの抵抗からか改善は見られませんでした。

二度目に受診した近所の有名な心療内科の薬で改善♪

当時の私は改善見られない状況でも、単純に同じ病院に通い続けてました。(思考回路も低下してたんでしょうね~)、そんな時に知人が「私も自律神経失調症で通ってる病院あるから行ってみたら?良い病院で有名だよ!」と近所の心療内科をすすめてくれました。(また私が思っている以上に自律神経失調症で病院に通ってる人が周囲に沢山いるのも知りました。)

この時期、状況は最悪で心療内科の先生と会社と相談して1ヶ月休職しました。今考えれば、ここまで酷くなる前に対応出来たのになぁ!と思いながら書いてます。皆様はお早めに

スポンサーリンク




私の不安神経症の改善への過程

完全な仕事からの離脱

これはかなり抵抗有りましたがそもそも仕事出来る状態ではなかったので(※記憶障害でむしろ迷惑かけていた)、会社の好意に甘えました。「ゆっくり休んで戻っておいで!」と良心的な対応でした(※医師の診察結果も有りましたが)

一定期間薬の服用を続ける

私は基本薬嫌いなんです(^-^)、「調子がいい時は服用しなくてもいいですか?」と相談すると「しばらくは精神的な乱れ(※少しあやふやです)を少なくするために、継続して服用して下さい」との事でした。

薬の服用やめるまでに3年かかりましたが、症状の改善にあわせて少しずつ薬を減らして行ってくれました。3年目には春先と秋口の調子が悪い時のみの服用で大丈夫になりました

私の場合は「海釣り」・リラックス出来る趣味をする事

当時は仕事も忙しくて全く釣りに行ってなかったのですが、医師のアドバイスで海釣り復活しました。これは現在に至るまで「海釣り復活して本当に良かった」と思えますね。

カラオケ・ダンス・囲碁・将棋等々、自分を仕事や生活の悩みから一瞬でもリセット出来るようなものがあれば症状の改善にプラスに働くようですよ

病気の原因がわかってるから対応出来る安心感が大事

冒頭でも書いたように季節の変わり目には症状が多少出ます。しかし、ここ数年薬を飲まずにいられたのは原因がわかっていて、「辛ければあの病院に行って薬服用すれば大丈夫♪」って思っているうちに落ち着いてるんですよね。(※本当は症状出たら、診察受けてた方がいいのかも知れませんが)

悩んでいても治らないので!

  • 「いい心療内科の病院知らん?」って思いきって聞いてみる。
  • 心療内科の診察受けてみる。
  • 最初は信じて素直に試してみる
  • 治す事が自分と周りの為に良いことだと忘れない

って感じでしょうか。

私はこれから暖かくなると調子が上昇します。皆様もいい春になりますように。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を