2017/05/183 Shares

カゴ釣りにおける撒き餌と刺し餌の同調考察

カゴ釣り!ここ数年ノマセ釣り(活きエサの小アジ等で青物・ヒラメ等を狙う泳がせ釣り)と並び私がメインとしている釣りです。

主に和歌山県のシモツピアーランド(下津ピアーランド)を主な釣り場にしている為、遠投カゴ釣りではなく、軽量カゴ釣り(ライトカゴ釣り)に分類される30~40メートルの近場に投げて釣るカゴ釣りをしています。

関連記事→ライトカゴ釣りに使用するカゴ比較(私流です)下津ピアーランド全体図

陸から直角に出た堤防から、陸と平行に投げる形のカゴ釣りである為、沖の深場を狙う遠投カゴ釣りのように遠くに飛ばす必要性があまりない

大阪から約1時間半の距離、海の綺麗さ・釣れる魚の種類の豊富さ、1日駐車場込み1080円という金額、釣り公園の方や常連さんも優しい、大阪の釣り場と比べて空いている等の理由で、私のお気に入りの釣り場です。

関連記事→下津ピアーランド(シモツピアーランド)はファミリー・初心者からベテラン釣り師まで楽しめる海釣り公園!

スポンサーリンク




今年のテーマはカゴ釣りにおけるタナあわせと撒き餌と刺しエサの同調

カゴ釣りの一番の魅力は狙ったタナまで撒き餌を届けることが簡単であり、潮の流れと刺し餌を同調させるフカセ釣りと比べて格段に敷居が低い!と私は思っている。

しかしながら、タナ到達後の刺し餌と撒き餌の同調に関して未だに私の中では、これだ!という答えが出ていないのが、本音である。

撒き餌と刺し餌の同調、テーマ①ハリスの長さ

以前にも書いたが、私は1.5~3メートルの長さでカゴ釣りをすることが多い、中でも2メートルの仕掛けを愛用している。

極めていけば、その日の潮の流れによって変わるのであろうが、インターネットの情報や釣り場での上手な方の話でも色んな説がある。

きっちり釣果をあげてる方でも30センチや50センチのハリスで結果を出してる方は多々おられる。ポイントをキチンとつくれば、撒き餌がカゴから出てすぐが勝負だという。

私はこの短いハリスと相性が悪く、基本小物しか釣れなくなってしまうが、短いハリス派の方は真鯛や青物もきっちり釣るから流石です。

3メートルくらいの長いハリスを使われる方は、撒き餌との同調の時間、撒き餌に群がる小魚の周りに大物がいる、カゴに対する魚の警戒心の緩和の意味も有るようだ。勿論、こういう方々も釣果で結果をきっちり出してる!

が、私は長いハリスにすると大物が増える訳ではなく、むしろエサだけとられることが増える!まぁこれはガンダマの段打ちが苦手な私の技術不足の面も大きいのであろう(^^;

色々試した感覚だけで、上のような2メートルハリスに落ち着いている。3メートルは投げにくいのも苦手な点だ

撒き餌と刺し餌の同調、テーマ②手返し(回収時間)

カゴ釣りにおいて、最も調子がいい時は、仕掛け投入→仕掛けが馴染む→ウキが沈む!である。

こういう時は、特に考える必要もなくアタリがなければ即回収→エサの有無を確認→エサ取りのみならタナを変えてみるくらいであろう。

しかし、概ねそう上手くはいかない。何度も投げてアタリが出る日の方が多い。改めて考えてみると、私は今までここの手返しを間違えてた気がする。

日によっては、投入→流れにのせる→ある場所でアタリが出る!そんな日もある。おそらく潮の流れに撒き餌がのり流れる場所と漁礁やかけあがり、潮目等がピッタリ合うのだろう。

その日は基本その攻め方で釣果があがる。当たり前の話だ。しかし、私はアタリがない日、刺し餌がとられない日に長い時間仕掛けを流す事が多々あった。

カゴ釣りするなら当たり前!の基本が出来てない!これじゃあダメですね~何処かでウキにアタリが出たり刺し餌が取られればそこを攻めよう!という考え方からでしたが、周りの釣り師の撒き餌との同調を無視した場合、2~3分で回収、撒き餌と刺し餌の同調している時間が過ぎれば、再投入!この基本を今年は徹底してみようと思います。

関連記事→遊動式反転カゴDEEPSについて!ライトカゴ釣りに合うよ

撒き餌と刺し餌の同調、テーマ③何処までこだわる?

カゴ釣りにおいて、そこまでこだわる必要があるか微妙ではあるが、①撒き餌(オキアミ)→ 刺し餌(オキアミ)②撒き餌(アミエビ)→ 刺し餌(アミエビ)やフカセ釣りのようにハリスの重さ、針の重さまで考え、また集魚材を混ぜた時の撒き餌の散り方も考慮すれば釣果はかわってくるのであろうか?とも多少考える

実際は、2本針好きのアミエビ+集魚材に刺し餌オキアミ派なのではあるが・・・釣果に大きな差が出るのであれば、検討しようかな?とも思う。

フカセ釣りのベテランさんに話を伺うと撒き餌と刺しエサが同調(同じように流れる・落ちていく)ように、ハリスや針の太さ・重さにこだわっておられますね

撒き餌と刺し餌の同調、テーマ④ウキを落ち着かせる

これは昔私が勘違いしてた点です。仕掛け投入後ウキが流されるのにあわせて、糸出してたんですよね(^^; これをするとウキの流れに引っ張られて、浅いタナをカゴやハリスが流れ同調どころか撒き餌と離れて行く!こんな単純な事を勘違いしてました。

あえて初心者の方が私と同じ間違いをしないように書くと、仕掛け投入→ウキの着水直前に軽く止める・サミング(詳しくは釣具大手の釣研さんのサイトを見て下さいね)→タナの分だけ道糸を出す。こうする事によりウキを支点として仕掛けが下に落ちていくので、水中で多少流されるにせよポイント作りが出来るようになります。

これに関連して言えば、ご自身のカゴや仕掛けの重さや潮の流れの速さでウキ下とタナが変化するというのも、気にしておけばいいかな!と思います。

例えば、シモツピアーランドの場合釣果が出るのが底付近が多いのですが、流れが速い場合ウキからカゴがある程度の角度で流され、通常5ヒロのタナをウキ下7ヒロに合わせて底狙いをする!等の対応が必要な時もあります。

wp-1463215366583.jpeg

完璧な絵ですみませんm(__)mまぁこういうことです(^-^)

今年はカゴ釣りの釣果アップするぞ~

今回は私のこれまでのカゴ釣りにおける反省点と今後の抱負の意味も含めて、撒き餌と刺し餌の同調について考えてみました。現状は初心者さんよりは釣れるかな?でも常連さんには、大きく敵わない→シモツピアーランドに通っている数を考えれば、初心者同然?の状態を今年は改善していきたいと思います。

2017年は「フカセ釣りとの撒き餌量の差」「紀州釣りと比べてポイントがぼける?」この差を克服出来ないか?と集魚材の組み合わせを色々試してます。

では皆様、楽しいフィッシングライフを~♪

お気に入りのダイワさんの竿→

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を