まったり気ままに!!

海を愛して、釣りに恋するブログ

アドセンス・ページ単位の広告

海釣りの仕掛け・工夫等々

釣り初心者の方へ、釣果情報の考え方!!

2016/09/25

何釣れてるかメモメモ

釣りって難しいもので、朝釣れてても昼釣れない若しくは今日釣れてても明日は釣れないそんな事は多々有ります。ネット上の釣果情報を頼りに釣りにいっても、そんな事は多々ですね。それでも、情報なけれはどんな魚が釣れていて、どんな魚を狙うか?それに伴ってどんな竿・仕掛け・リール・エサ等を決めることも出来ません!

今回は釣果情報を参考にする際の考え方についてです。

スポンサーリンク




釣果情報検索方法

私は大阪に住んでいて、釣行範囲は兵庫県(明石くらいまで・淡路島)から和歌山の紀北(海南市)までの堤防・海釣り公園をメインの釣り場にしています。他の地域の方は地域名を変えて頂ければ同じように調べる事が出来ると思います。

釣り場所の堤防もターゲットの魚も決まってない時

何となく、「釣りいこうかなぁ?どこに行こうかなぁ?」という時はざっくりした検索方法でまず場所や魚のターゲットを絞ります。

「地域名・釣り」若しくは「地域名・釣果」で検索してみる

私の場合「大阪・兵庫・和歌山」をまとめて検索したいので、この場合「大阪湾・釣り」か「大阪湾・釣果」で検索してみます。

大阪湾・釣り検索

「地域・釣り」検索のメリット

釣果情報・大阪湾

何となく、「和歌山でアジ釣れてるなぁ」「兵庫はガシラかぁ」等全体的な雰囲気がわかるので、まず釣りに行く地域を絞りやすいという所ですね

「地域・釣り」検索のデメリット

ざっくりし過ぎた検索なので、舟釣り・一文字・堤防・筏等全てのデータが出てくるので、情報が多すぎな面が有ります。「堤防や海釣り公園」と沖の一文字・舟釣りでは全く違うので、自分で情報を選択していかないといけないです。

釣り行く地域が何となく決まったら、その地域で釣果検索若しくは釣り具店のサイトへ

私の場合、大阪?か和歌山?か兵庫?か決まったら再度検索を「和歌山・紀北・釣り」等で調べてみます。今なら10年以上大阪湾で釣りしてるので私の場合、名前で大体の場所わかりますが初心者の方なら、この検索で出てくる情報から釣り場の情報を再検索ですね。

「堤防名・釣り」で検索してみよう!

検索で出てきた情報に「トイレ・駐車場・安全性・釣れる魚等々」の情報が書かれているサイトがありますので、参考にしましょう。

近隣に釣り具店がある場合、情報に釣り具店のサイトが引っ掛かってくるので、初めて行く釣り場なら細かい事や釣れてる魚を電話で聞いて行くのがオススメです

釣り場所も狙いの魚も決まったなら、その情報で検索ですね!

私が良く使う検索がこの検索方法です。大阪湾の釣り場はある程度わかってるので「アジュール舞子・サバ」「和歌山マリーナシティ・タチウオ」等です。具体的に釣果があれば、新しい情報が検索に引っ掛かってくるので、便利ですよ

釣果情報 | 下津ピアーランド

(null)

本題の釣果情報についての考え方!

釣り場も魚も決まって釣果情報を検索→チヌ20匹!!やアジ500匹!!という情報を見る事になると思います。こいつが結構くせ者なんです

釣り具店の情報が水増しされてる?というウソかマコトかわからない話はここでは置いといてお話します。

可能なら最初は釣り場の人数を釣り具店や釣り公園に確認してみる

私が行く海釣り公園で、土日祝日なら混雑時、数百人入れる釣り場がいくつか有ります。仮に200人入れる釣り場でアジが500匹釣れてても、一人2匹強の計算になります。1000匹でも1人5匹の計算ですね。小アジの釣れてる時期なら私の小学校の息子でも1時間で100匹釣れます。→その状態なら初心者でもそれに近い数が釣れます。

つまり小アジの500匹や1000匹は釣り場次第で釣果情報としては少ない

まぁ、釣果情報で沢山釣れてる時期でも集計不能なので、まず何万匹釣れました!っていうのは見ることないですがね(^^;500匹くらいの情報でワクワクしていくと私のように痛い目に合うことあるよ~を知ってて下さればいいかと!

スポンサーリンク




○○釣果→多い方で5匹も判断難しい

通常2~3匹釣れればいいような高級魚の時に見かける表現ですが、これもまた判断難しいんです。

どこの釣り場にも、毎日通ってるような常連さん・釣り具のテスターさん・セミプロのような釣り師の方がおられます。その方達の釣りは別次元なんですよね~つまりそこに魚がいる証明にはなっても、一般の釣り師が釣れるか?とは別なのです。

釣り場の中のさらに釣りポイントの問題も

ある堤防で毎日釣れてる魚でも、その堤防のあるポイントでしか釣れない魚→そこは、ほぼ常連さんかそこ狙いの釣り師で初心者が入れない場所・・・もあるので、釣り具屋さん等に前もって「その堤防のどこでも釣れる?」「時間帯は?」「初めてでも大丈夫?」等聞いてた方が無難ですよ

釣りの検索中は大物釣果予定100%!

私は調べてる時間が大好きです♪タチウオ・アオリイカ・ヒラメ・チヌ・マダイ・・・自分が釣れるつもりで釣果情報見て、次回釣行の仕掛けやエサ考えて→釣れる気満々になって(^-^)

私は釣果情報1匹でも自分にも可能性有り!と考える方

私は釣り馬鹿なので、釣果情報1匹でも可能性有り!!と釣り場行って敗北感を抱えて帰ってきますが、初心者の方には楽しく釣って帰ってきて欲しいので記事にしてみました。参考になれば幸いです。それでは楽しいフィッシングライフを!オマケにこんな記事はいかが?

釣り具店の釣果情報だけでは勿体ないかな?

私の経験上、釣り具店の情報は当たり前ですがショップの近辺の情報中心になります初心者の方にとっては場所を決めて、実際の釣行の日にその店に寄って買い物・情報聞いて釣り場に行きやすい!というメリットがありますが、逆にグーグル・ヤフー等で直接検索したら沢山の好釣果が出てくる釣り場が釣り具店から遠いと一切情報無し!ということも、有りますので

釣り場所が決まったら、「○○堤防 水中動画若しくは海中動画」で検索すると、最近は結構ネット上にアップしてくれています。海の上から見るのとまた違うので面白いですよ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を

feedlyボタン

follow us in feedly

-海釣りの仕掛け・工夫等々