2016/09/268 Shares

子供さんに竹竿での海釣りデビューはオススメ♪

プリシアリゾートの下の海

竹竿抱えて海で沢山遊んだ私の少年時代

私ひろたつは上の画像の海で育ちました。祖父の「海の家」が画像左手のホテルの位置にあったので!懐かしいですね。

この海でのメインの遊び場は画面右下の磯でした。この場所は本当にいいですよ~小さな子供さんでも引き潮の時(満潮時以外なら)遊べますよ~

サンマの切り身やヤドカリをエサにしてベラやカサゴ・カワハギ釣ってました。綺麗なエメラルドグリーンの海で磯を歩いて、貝を取りながら♪

簡単・単純なのでお子様には最適!

針は出来るだけ小さい方がいいです。魚を釣る楽しさを感じて貰う為に小さな魚でも釣れるように!

沖縄磯遊び

画像引用元フリー写真素材ぱくたそ

この写真自体はイメージですm(__)m一番近いものを使ってますがね~私の記憶通りなら潮が少し引けば歩いて行ける位置に畳3~4畳程のプールみたいな水溜まりが出来ます。下は砂地の浅い水溜まりなので小さなお子さんにピッタリです。

私の娘も小さい頃、与論島に連れて帰りましたがずっとそこで遊んでましたよ♪大潮の干潮時ならかなり沖まで歩いて行けるので、釣りや貝拾いもより楽しめますよ~

スポンサーリンク




お子様の磯遊びの注意点

磯の岩やウニ、怖がらす訳ではないですがウツボ等岩場には潜んでるので、むやみに手を突っ込まないように気をつけてあげて下さいね。

満ち潮になったら小さな子供さん連れの場合は早目に陸地に近い方に戻りましょうね~歩いて行けるくらいの磯でも満ちれば大人の身長以上になるのこともあるので、大人は濡れれば済む話ですが、お子様は危ないですからね!

足元はクロックスのようなタイプが絶対オススメ♪ビーチサンダルは脱げるし、靴は濡れちゃいますし裸足は危ないので!

本題のお子様の竹竿デビュー!!

長い前置きでしたが、私は上記の小さなプールで竹竿を使って釣りするのを小さい頃父に教えて貰ったのが海釣りの原点です。小さなプールの中にも満潮時には海の中なのでカサゴ(大阪のとは種類ちがうかな?)茶色の点々のあるカンモンハタ?やベラ・カワハギ・ハゼが残ってます。

魚を釣る時には磯の上から仕掛けを垂らし、暑くなったら自然のプールで泳いでました(^-^)

今は継竿売ってるんですね~田舎では長~い竹竿担いで海まで歩いて行ってましたよ(^-^)

仕掛けの長さは竿の長さまで!

小さな子供さんなら継竿の先の部分だけでもいいかも知れませんね~いずれにしても釣竿より仕掛けが長いと扱いにくいので長さは調整してあげて下さい。

仕掛けはこんな感じのもので針は小さい方が遊べますよ~ウキは外してもいいと思います。流れがなければウキがプクプクして楽しいですが流れがあると扱いにくいので!

狙い目は岩場の影

ベラやハゼなどは泳いでるのをそのまま見て狙えばいいですが、岩場の影を狙えば膝下くらいの浅場でも思わぬ大物が隠れているかも?

無難なエサは魚の切り身かな?

小さい針を使って、お子様に遊んで貰う前提なら、5ミリ程度に切った魚の切り身や磯の小さな貝・ヤドカリ・海藻等をつけてみて反応あるもので試してみるといいですよ~意外な物にも反応するので見てると楽しいですよ~

ウニを割ると魚は寄ってくるけど・・・

長くて黒い針のウニは危険なので触らなかったのですが、茶色やグレーの短めの針のウニはその辺の石で二つに割って、よく海の中に落としてました。ウニ割ると釣れそうな小魚が寄ってくるので、いい撒き餌になるのですが毒の有る無し知らないと危険です。

お家でエサ用の魚を捌いたら内臓・頭・しっぽは撒き餌になりますよ

与論島や沖縄のような水の綺麗な場所で試してもらえば良くわかりますが、沢山魚が集まってきます。集まらん場所では釣れんかな?サンマは匂いが強いので集魚にオススメですが、人間にも匂いが強いので取扱い注意です!

竹竿はこんな所でも活躍しますよ!

私が一昨年から始めた淀川河川敷でのテナガエビ釣り、息子と息子の友達と一緒に行くのですが扱い易いので初めての子供さんでもすぐ使い慣れてくれますよ
淀川河川敷手長エビ今シーズン初日、強風に苦戦ハゼのみ

また、夏の時期のちょっとした海水浴・磯遊びのお供に!リールや大層な釣り道具を持って行かなくても、手軽に釣りが楽しめます。↓この日は息子達泳ぎに専念してましたが(^-^)
新和歌浦・蓬莱岩で子供は海水浴、私は海釣り – まったり気ままに!!

オマケ!与論島に行くのならこんな釣りも!

大きなクエを狙ったり、そんな事もモチロン可能な与論島ですがお子様連れの旅行では中々それは無理ですよね~だけど、夜釣りなら上の画像の砂浜から数メートル投げるだけで50センチを超えるフエフキダイやヒラアジの仲間が釣れたりします。

夜の砂浜にシートひいて家族で寝転がって、星空を眺めながら夜はお父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃんが主役で大物待ちながら語り合うのも粋なものかと!宮古島、天ノ川

仕掛けはシンプルに!

ちょっとした投げ竿に太目のハリス5~10号くらいで10号から20号程度の中通し錘・針はエサにあわせてください、エサはサンマの切り身や半身、一匹がけでも!!(父は一匹がけで大物狙ってましたね~)、切り身なら30センチ程度の魚が結構釣れたりするので私は切り身派でしたね。後は投げて待つ、たまにエサのチェックそれだけです

うん!私がしたい!子供連れてゆっくり帰りたいなぁ

さぁ竹竿持って海へお子様と出掛けましょう!未来の釣り師育成プロジェクト(^-^)、親子ふれあいプロジェクト!と勝手に私が命名しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を