7 Shares

2018年6月2日、淀川河川敷(姫島駅近く高架下)手長エビ(テナガエビ)釣り満喫♪

2018年6月2日、梅雨時期恒例の淀川テナガエビ釣りに行ってきました。中学2年生の息子と息子の友達2人の計4人で3~4時間程で30匹前後の釣果でした。(エサは今回赤虫のみ)

場所は昨年、妻と娘とテナガエビ釣りに出掛けた(淀川・テナガエビの夜釣り、2017年6月4日家族3人で釣果は15匹♪)のと同じ姫島駅近くの高架下です。

大阪市西淀川区姫里一丁目26-14

6月2日淀川到着時は超干潮?とてもひいてました

昨年の姫島駅近く高架下(満潮時ですが干潮時でもテトラポットの近くまで水残ってました)淀川河川敷テナガエビ釣り場・姫島駅近く今年(6月2日干潮時)2018年淀川、姫島駅近く高架下ちょっと分かりにくいですが、昨年のポイントは到着時完全に干上がってました。

淀川河川敷の場所によっては干潮時水辺までの距離が遠くて釣りにならない場所も有りますが、この姫島駅近くは干潮時でも少し場所変えるだけでテナガエビ続行出来ます♪

淀川テナガエビ釣り、中学生3人衆私はテナガエビ釣りに集中して20匹弱、息子達は色々遊びながら、1人3匹ずつくらい?後はハゼが10匹程度釣れました。

みんな楽しんでくれたようで良かったです。子供が大きくなるにつれてだんだん遊んでくれなくなりますからね~(^-^)

竹竿、セリア4本竹竿でテナガエビ釣り中昨年は「100円ショップダイソー」さんで購入した竹竿、今年はダイソーに売ってなくて焦りましたが、「100円ショップセリア」さんで発見♪4人分4本購入しました。テナガエビ仕掛け、シモリウキ式仕掛けは私のお気に入りのシモリウキ式の仕掛けを使いました。

私的には、多少の流れでも仕掛けが安定するのと状況に応じて3つのシモリウキを調整可能なのが使いやすいです。(この日は風と流れが速くシモリウキの動きではほとんどアタリ取れなかったです。)仕掛けが安定するので適度に竿を上げてアタリを確認する釣り方でした。

淀川、姫島駅近く、テナガエビ釣果釣ったテナガエビは自宅からペットボトルにいれて持参したキレイな水に→翌日まで泥を吐いてもらってから唐揚げで美味しく頂きました(^-^)

この日は昼間で蚊はほとんどいなかったのですが、夕涼みがてらの夜釣りは虫よけ・蚊取り線香等対策必須ですよ~

釣ったテナガエビを下さったお兄さん二様、「ありがとうございました。美味しく頂きました♪」

↑この仕掛けは「セリアの竹竿」より長いので最初に竿先~針までが竹竿と同じくらいになるように切った方が使いやすいと思います。

流れが速くなければ、玉ウキの方がウキがピクピクして楽しいかも!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を