1 Shares

ライトカゴ釣り用遊動式反転カゴdeepsのコマセ、私の場合(下津ピアーランド)深場狙い

deeps使用中

昨日新しい反転カゴdeeps到着♪次回のライトカゴ釣り釣行が楽しみです。と、同時に「deeps・コマセ」のキーワードを見かけましたので、私の個人的な使い方をお伝えしましょう(^-^)

私のイメージはフカセ釣りの深場用のコマセ・紀州釣りよりはバラけやすく

ギアラボ・遊動式反転カゴ DEEPSページ
では、パサパサのコマセが推奨されてますね。

ギアラボさんdeepsオススメ配合

画像引用元ギアラボ・遊動式反転カゴ DEEPSページ

つまりやすくなるのでオキアミも混ぜずアミエビを入れて、バラけやすくして中から飛び出した刺しエサを食べさせる!というコンセプトですね。

私も上記の配合で数回試すも釣果出ず・・・腕が悪いかも

遊動式反転カゴ DEEPS
の理論的な面とライトカゴ釣りに合ってるという事は確実なので、行きつけの釣具店に相談してみました。

教えて貰ったのはアミエビ+チヌグルメ

下津ピアーランドで大抵10ヒロ前後(水深15メートルくらい)を攻める前提で教えて下さいました。アミエビは少なめに混ぜて様子みながら、固くなりすぎないように!水分も多過ぎないように!と

関連記事下津ピアーランド(シモツピアーランド)はファミリー・初心者からベテラン釣り師まで楽しめる海釣り公園!

この日初めて遊動式反転カゴ DEEPS
でアイゴ15匹とチヌ2匹とまずまずの結果が出ました。

その後はライトカゴ釣りの仕掛けを試行錯誤

関連記事ライトカゴ釣りに使用するカゴ比較(私流です)

deepsは相性良かったのですが、私にとって高価な面と手返しがアミエビのみに比べて遅くなるので、色々迷いながら他の仕掛けも試しています。

秋の下津ピアーランド釣行はウキ釣りで太刀魚・ノマセ釣りでヒラスズキ・カゴ釣りもチヌ等々の大満足の釣果、この日はかなり頑張ってコマセをつくってみました。完全に潰したオキアミ・チヌ対策の白系のコマセ・深場用のまとまりが良いコマセ・煙幕用のコマセを配合してみました。

この日はdeepsがなかったのでナイロンカゴとストレート天秤の組合せでした。

スポンサーリンク




deeps用コマセまとめ?

検索されてるということは単純に、ギアラボ・遊動式反転カゴ DEEPSページ
の配合では上手くいかなかったのか?より釣果アップを目指されてるんだと思います。私の場合は海釣り公園という場所がら、周囲でフカセ釣り師・カゴ釣り師多いのでバラけ優先のコマセでは集魚効果で負けるのかな?と考えてます。

deepsの強みと弱みを考慮しつつ釣り場に合わせてコマセを工夫してみるといいかも!

反転カゴで狙いのタナまでコマセと刺しエサを届かせるメリット→柔らかすぎない、タナまで届いてもコマセが出ないと刺しエサも出ない→固すぎない、この辺を狙うタナに合わせて配合や水分量で調整すればいいのかな!と

と、言いつつ私も試行錯誤中ですがね

固めのコマセのメリットは邪道かも知れませんが、杓(シャク)を使ってポイント作りを補える点も感じてます。

手返しでは補えないフカセ釣り師や紀州釣り師との、ポイントへのコマセ投入量の差を埋める為に最近は周囲の様子みながら、使用してます。

多少なりとも参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を