2017/04/1310 Shares

「幸せレンズ」(私はもっと幸せだった)

誰でも使えば、今よりちょっと幸せになれる「幸せレンズ」、手に入れるのは簡単だけど維持するのは難しい。大事に扱えば、「楽しい毎日がお約束♪」なのですがね。

スポンサーリンク




どこで手に入る?→アマゾン?楽天?→カシャっと!ピスログ!

何はともあれ、「幸せレンズ」が気になるのであればまずはこの記事→カメラをやっていて初めての撮影依頼があったのでドキドキしながらおうちフォトしてきました、見て来て下さいね。時間があれば、ピスログも見て来て頂ければ、よりいっそう「幸せレンズ」が手に入れりやすくなるでしょう。

カメラ・レンズ・写真の良さ?

このピスログ見て、今までも何度か「カメラ・レンズを通した写真って一瞬が素敵に見える!」って単純に感動してきました。「写真っていいな♪」って。

カメラではなく、心のレンズ!!

  • 着替えてるなぁ
  • 髪のセットしてるなぁ
  • 長い事遊んでるなぁ
  • イタズラばかりやん(>_<)

私にとっては、今までそんな時間でした。昨日も今日も明日も一年前も10年前も・・・、ピスログを見てもらえばわかりますが、子供さんに対してだけでなく、家族や普段毎日目にしている風景にさえ感動が沢山あるのが良くわかります。

だから「もっと私は幸せだった」

ピスログの中の感動は、私が過ごしてきた人生の中に沢山有ります。私が「幸せレンズ」を持ってなかったから、普通に見えてただけで!

通勤・通学・空・海・手・足・寝相・いびき・ケンカ・笑って泣いて・テレビ見て・家族の団らん・洗濯・掃除・妻の料理・猫のイタズラ・ベランダの水滴・石ころさえも可愛く思えてきませんか?同じ時間過ごすなら、シゲさん@piece_hairworksのような目で見て行きたいな。と!

ちょっとだけ生きるのが楽しくなる「幸せレンズ」一緒にかけてみませんか?あなたと私の時間は「心のレンズ」で変わるはず!

幸せレンズ収集しようかな?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を