1 Shares

息子よ!いきなり「天皇杯公式球」は贅沢過ぎるぞ!

昨日、息子が中学校のサッカー部に入部する記事を書きました。これから色々あるでしょうがサッカー経験者の私にとっては息子の選択は嬉しいもんです。(チビサムライジャパン始動!!頑張れよ~)

どこまで頑張れるかわかりませんが、楽しみに見守っていきたいと思います。

が、しかし・・・昨日サッカー部入部に伴い、サッカー道具を購入する過程で親目線(正しいと思うのですが)で早速注意してしまい、息子と多少揉めました。

スポンサーリンク




「息子よ!やはりいきなり天皇杯公式球は贅沢過ぎるぞ!」

サッカー道具

「練習に必要だから、スパイクを持ってきて下さい。」とクラブから言われたという事で、早速近所のスポーツゼビオさんに行きました。(スーパースポーツゼビオオンラインストア)、私も嬉しいのでワクワクしながら、とりあえず練習用のスパイク・靴下購入

後は「正式入部後にまた必要な道具が沢山出てくるから、買いにこような!」と帰宅しました。

「サッカーボールも欲しい!」は納得ですが・・・

帰宅後、「サッカーボールも小学校時代の4号ではなく、5号ボールが欲しい!」という息子、「ウンウン!サッカー頑張っていくなら必要やな!」と、ネットで検索開始!!

息子さん、最低でも「1万2000円」近くする「天皇杯試合球」の一択です。

3000円~5000円のサッカーボールが相場だと思うのですが・・・

「どうしても欲しいなら5000円は出すから、後は小遣いで分割支払いしなさい」→息子さん「それなら、サッカーボール買わん」→私「それは贅沢過ぎるから買わんでよろしい!」となってしまいました。

我が家の今までのパターンなら息子も反省して妥協するはずですが・・・

小学校時代は、多少のワガママ→説得・後で納得、のパターンでしたが、中学生になった息子さんさてさてどうなることやら?

今日は練習試合デビュー、周りはほとんどサッカー経験者頑張ってこいよ~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を