0 Shares

公式サイトに販売終了後も製品・型番等で検索させて欲しい!という私のワガママ

お願いします

中古釣具も愛用、家電等も可能な限り自分で修理若しくは安く修理して貰い長く使い続けたい私なのですが、各メーカーの販売終了製品が公式サイト上で見つからない事が多々有ります。

スポンサーリンク




公式サイトで修理や部品がてに入らなくてもいい。スペックや販売年だけでもわかれば!

優しい公式サイトさんの状態はこんな感じ♪

全ての販売商品を検索出来ると共に、販売年・製造終了年・スペック・修理対応終了年が書かれています。

製造年さえわかれば、修理対応してくれるお店は結構有ります

持ち込みすれば、何処でも修理可能かどうか判断してくれますがメーカー名・製造年を伝えれば、電話やメールで各修理屋さんが判断して下さいます。

修理可能かどうかわからないものをアチコチ持っていくのは大変!という私のワガママですがね~

グーグル検索・ヤフー検索でも見つからない寂しさを補えるのは公式サイトだけ!それは製品・お客さんへの愛情

過去の商品・製品をサイト上に残してくれてる会社は修理出来なくても、愛情が伝わってきます。公式サイトで検索して見つからないと「えっ?あの商品はなかった扱い?」って、私が悲しくなります。

結論!私のワガママ♪

中古品の石鯛竿

中古品のオリムピック・世紀・スーパー石鯛を入手

石鯛竿なので、私のノマセ釣りの竿としてこれから活躍してくれるであろう事は間違いない。現在は堤防太刀魚3000円でノマセ釣りをしているのでハマチ程度は釣れてもメジロやブリクラス・シイラのメーター急は釣り上げられず、逃げられている。

古い竿とはいえ、かつての名品であろうこの竿・スーパー石鯛君に充分期待している。しかし、スペックがわからんのじゃ!!検索でも出てこんのじゃ!

世間が忘れても、せめて販売メーカーさんには商品が存在した証を残しといて欲しいな♪と思ったわけです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を