9 Shares

海で泳ぎながらの手釣り!楽しいよ♪

先日の家族旅行で久しぶりに海で泳ぎながらの手釣りをしてきました。釣果は私がチャリコ(真鯛の子供)1匹、娘と息子がハゼ1匹ずつでしたが指に直接ブルブルとアタリがくる感覚は楽しかったですよ♪

これから夏休みの海水浴シーズンに泳ぎながらの手釣りはいかがでしょうか?ベラさんが遊んでくれるかも知れませんよ!

スポンサーリンク




海での泳ぎながらの手釣りについて

私としては是非とも一度は挑戦して欲しい楽しい簡単な海遊びなので、私なりに思う手釣りのコツや気をつけたい事を書いておきますね。

絶対手釣りで気をつけて欲しいのは安全面

安全面1・仕掛けの針

お魚釣りをする以上仕掛けに針がついています。手釣りをされる本人さんだけでなく、他の海水浴の方にも迷惑にならないように周囲との距離は充分にとって下さいね。

今回の我が家の仕掛けは上のようなハリスに小物用の胴付き1本針に下に錘をつけただけのシンプルな物です。

手釣り・イメージ図

  • 仕掛けを落とすのは周囲に人がいない場所で落とす(消しゴム等で釣る場所まで泳ぐ間は針を隠すのが理想)
  • 浮き輪使用でもシュノーケル使用でも泳ぎながらのエサ付けは難しいので大人がしてあげて下さいね

安全面2・海では流される

とにかく、気がついたら浮き輪使用でもシュノーケリングでも釣りに夢中になってたら最初の場所と違う所に流されてました(^^;マメに周囲を確認して沖に流されてないか?人の近くに寄ってないか?危険な磯に近付いてないか?等々確認しましょう

安全面3・魚について

毒があるオコゼやゴンズイ等の魚もいるので、見た目で知らない魚は安易に触らないようにしましょう。

不意に大きな魚が釣れる事もあるので指に糸を巻き付けない方がいいです。身長程度の浅瀬にも30センチ~50センチもっと大きな魚が潜んでる事も!指に糸巻いてたら痛いですよ~
私は小さな魚が釣れた感覚で仕掛けを回収してたら、途中で大きなアタリに変わって、回収したらハゼを体半分何者かに食べられてました。ヒラメ?マゴチ?

手釣りで使うエサは?

釣れるかどうかは運なので、オキアミ・魚の切り身・カマボコ等々試してみてはいかがでしょうか(^-^)泳ぎながらビニール袋やポシェット等にエサを入れていく事になるので、泳ぎやすさと持ち運びやすさ優先ですね♪

小学生くらいの子供なら足が届く場所で水中メガネで魚を見ながら手釣りがいいかも!

蓬莱岩で海水浴

泳ぎながらの釣りは慣れるまで少し難しいかも知れないので、足が届くような場所でまずは海の中のお魚探しながら釣りしてみるといいかも♪

蓬莱岩の水たまり

指に直接ブルブルとくるアタリは、小さな魚でも面白いですよ~!小さなお子様だと(うちの子供もそうでしたが)最初はびっくりして多分仕掛けを離してしまいます。最初はお父さん・お母さんが魚かかった状態でゆっくり持たしてあげるのがいいと思いますよ~

新和歌浦・蓬莱岩で子供は海水浴・私は海釣り、綺麗な海を満喫してきました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を