6 Shares

泉佐野食品コンビナートでタコ釣り30分、釣果はミニタコ1匹・2017年8月21日

2017年8月21日、21時より深夜0時までの3時間勝負の予定で泉佐野食品コンビナートに家族4人で夕涼みがてらタコ釣りに行って来ました。

タイトル通りトラブル発生で滞在時間30分・タコ釣りの釣果はミニタコ1匹でした。

スポンサーリンク




平日の泉佐野食品コンビナートは混雑無しのガラガラでした。

”泉佐野食品コンビナート”

泉佐野食品コンビナートの通称ドラムというポイントは金曜日・土曜日の夜は釣り場所もないくらい混雑するイメージが強いです。

夜も比較的明るく車横付け可能、トイレ・販売機有り、大阪市内からも近いという好条件の場所です。

平日とはいえ夏休み期間中なので多少の混雑は覚悟してましたが、場所に関しては選び放題でした。

使用したエギはあわよくばケンサキイカ・スルメイカも!?の2.5寸♪

「大阪湾の夏のタコ釣り」は小さいタコの数釣りのイメージ(私のイメージ)、「小さいエギでいいや!今年は大阪湾のケンサキイカが何年かぶりに調子良さそうやし、あわよくばイカも釣ろう!!!」って感じで2.5寸のエギを使いました。

ちなみに私が本格的に堤防で「ケンサキイカ・スルメイカ」を狙いに行く時は下のようなスッテとエギがセットになってる仕掛けを使います。

今回のタコ釣りは遠投して底をズル引き

「今回は!!」と言いつつ、私のタコ釣りはほぼいつもエギを投げて底を意識しながらゆっくりズル引きです♪何かに引っ掛かった違和感感じたらアワセテみる→軽くなったら再度ズル引き→テンションあるままなら緩めずに巻きあげる釣り方ですね

泉佐野食品コンビナートのミニタコ

30分でタコ1匹、まだタコの数釣り可能性大かも?

今回は急用が出来て30分で帰宅する事になりましたが、大阪湾の釣果情報見ていてもタコ・イカ好調なようなので数釣り出来そうですね。

上のようなタコジグで堤防際を探ってみるもよし、普通のエギや下のようなタコ専用のエギを使ってみるもよし!タコ釣りは比較的簡単ですし、食べても美味しいですしね♪

上のタコ専用のエギは底狙いの為に下に錘がついてるのと、根掛かりしにくいように針が上を向いてるのが特徴ですね。我が家はコウイカ狙いにも使用します

一番の成果は家族4人でタコ釣りに行けた事

長女・中学3年生、長男・中学1年生につき、「留守番しとくわ~、パパとママで頑張ってきてね♪」って言われる事の方が圧倒的に多いです。

自分も反抗期・成長期あったので気持ちはわかるので無理には誘いませんが、「行く?」→「行く!」って言うてくれると嬉しいものです。だから今回は釣果以上の大きな成果有り♪

これからも、たまにでいいので娘と息子が付き合ってくれますように!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を