2017/11/200 Shares

賃貸お部屋探しのちょっとしたコツ!

むか~し昔、不動産賃貸の会社で働いてたので当時の経験から今でもネット上で良く見る疑問や不安を現場にいた立場から、少しは解消出来るかな?と思うものを書いてみますね!

スポンサーリンク




雑誌やインターネットは情報収集の参考程度で!

ちゃんとした不動産屋さんを基準に考えても雑誌には各ショップが掲載希望物件としてあげてから、発行までに必ず数日のロスが発生します。そして雑誌やインターネットに掲載したい物件はやはり数千件ある物件から条件のいい、優良の空室を掲載希望として出します。しかし、そういう物件は店に来て頂いたお客さまでの成約もはやい!つまり雑誌発行日には成約済みも多々あるのです。

インターネットの情報はその点では、店舗でその場で反映出来るので比較的リアルタイムな情報なのですが、現実はまた違う問題点があります。数千件の物件の裏には数百・数千人の家主さんや管理会社がおられます。そのほとんどの家主さんや管理会社が同様に各地域の賃貸不動産店に物件紹介を依頼してるのが現実です。

つまり不動産仲介業者に連絡が家主さんから満室の連絡があるまで・若しくは仲介不動産業者が家主さんに確認するまでのタイムラグがどうしても発生してしまうのです。

賃貸情報誌とインターネットに掲載する立場では?

不動産会社で実際に雑誌・インターネットに物件情報を出してた経験からのべると、相場より条件のいい物件をなるべく掲載依頼してました。

具体的に言うと私が店長をしていた店舗では

  • 新築物件
  • 駅から近い物件
  • 相場より安い物件
  • ペットを飼える物件
  • 一戸建て・高級マンションの空き部屋

等を優先して、空室物件探して掲載依頼してました。

つまりですね、正直各駅や地域の相場以上のお得感があるお部屋を掲載してた訳です。

インターネットや雑誌の不動産情報は地域の相場よりお得物件と考えるべし!

優良物件でお店にお客様に来て欲しいのはどこも同じ!

流石に今の時代存在しない幽霊物件を掲載するような不動産会社は無いと思うので、各地域の存在する優良物件を掲載しているはずです。私が探す立場なら、インターネット等の情報はその地域の相場より良い物件という前提でみます。優良物件なので、連絡しても空室は既に契約決まって無いかも知れません。

時間が有るならその条件を頭に置いて、不動産巡りをして各社からの連絡待ちも1つの手です。条件に近い物件に空室出たら、ちゃんとした会社は連絡くれるので!

時間が無いなら、相場以上の物件だったと割り切り少し妥協して探す事です。妥協のし過ぎはダメですよ!、会社・営業マン次第で無難に空室埋めるお客様になってしまうので

例えば「家賃5万円・新築・駅から5分以内」の物件が無くなっていたとします。→物件の綺麗さ?駅からの距離?家賃?まず妥協出来る点で部屋探しをお願いしてみる→家賃は後5千円出せる・家賃は無理だけど駅から離れても良い等々です。

ここで諦めてしまって、ただ「お任せします!」になると、悲しいかな駅15分築20年家賃5万円(少し大袈裟ですが)の物件を薦める営業マンもいるので・・・

これは賃貸物件を取り扱う身としては必ずしも、悪い事だとは言えないのです。お客様にこだわりが無いのなら、あの家主さんの物件空いてるしなぁと考えてしまうので!

可能な限り部屋探しは時間に余裕を持って、自分のこだわりをしっかり持つ事

信頼して時間に余裕を持って来て下さるお客様には、条件のいい空室物件が出たら紹介出来ますので!引越シーズンは今日無くても急な転勤等で来週空いたりしますので!

不動産店も毎日数千も電話確認出来ないし、家主さんも毎回部屋が決まる度にA店B店C店D店・・・・に連絡下さる訳ではないので絶対的にギャップが生じてしまうのです。ですので、雑誌・ネット上で空室有り→満室、逆に満室扱いの物件が運良ければ空いてることも多々あるのです。

雑誌やインターネットで見て欲しいのは、自分が住む立場で必要な間取りや設備のイメージ、駅ごとの部屋の広さでの相場等ですね!掲載物件が基本的に各駅の家賃が特別安い・新築・相場より高いけど間取りがいい、便利等の特別な優良物件と考えて店に行けば少し探しやすくなると思います。それが相場と思って行くと結構キツイので(店員さんも)

納得いく物件ないなら数件回るべし!

回れば出てくるという意味と、どこにもない物件を探すのを諦めるという両方の意味で賃貸店舗めぐりの価値は有ります。家主さんも人間ですので速く決めて欲しいけど、A社とB社に預けるけどC社には空室案内させない!等は多々あります。また、営業の立場で中古物件5万円の地域で新築3万円と言われても探しようがないのです。数社回って、新築5万円があれば幸運、新築3万円は無理ということを納得して決めることができると思いますよ♪

自分の物件へのこだわりを良く考えて検討してみよう!

例えば「新築物件希望!」これには綺麗な部屋がいいな~という方もいれば、誰かが住んだ後は例えどんなに綺麗でも耐えられない!って方がおられると思います。後者の方は絶対新築希望で店で相談されるのがベストですが、前者の方は新築希望だけど新築並みに綺麗な物件希望!と相談して下されば沢山物件出てきます。

中古物件のリフォームに関しては家主さん次第、必要最低限で家賃がお得な物件もあれば常にフルリフォームで内装・外装にこだわり新築並みの状態を維持してる家主さんもおられるので!

駅徒歩5分と6分、本当に南ベランダ必要?オートロックもある方がいいやろけど!
等々全ての条件をきっちり満たす物件すんなりあるといいのですが、そう甘くはないと思うので緩和出来る条件を自分自身で見付けていくのと営業さんにそれを伝えてあげて下さいね。以外と真面目で親切な営業さん程、お客さまの条件厳しくてもその条件で探し続けるので、少し条件違うといい物件あるのにな~と思っても出せなかったりするのです。

時間があるなら絶対物件は見に行くべし!

駅徒歩5分という物件なんて金額にこだわらなげればゴロゴロしてます。80メートル1分の計算なので、線路沿い400メートルの物件は全て該当!ですが「駅から徒歩5分線路沿いうるさい」と表記する不動産店はありません。同様に南ベランダでも後ろに高層マンションあれば、よっぼど他の向きのベランダの方がマシですよね!

基準は人に寄って違うから、公園横がいい人もいれば夜は不安な人、街中便利!もどんな町かあなたがどう感じるか?ですよね♪飲み屋街が好きな人、嫌いな人それをみて判断するのはあなたが実際にそこに行ってするべきです。

多少は家主さんへ家賃交渉は可能な物件も!!

あくまで、多少ですが交渉の余地はあります。その時の家主さんの気分で少し空室増えてきたから2000円引きで入ってくれるなら一年空くよりマシかな?という感じで!まぁ絶対ダメな家主さんも多いですが(周りの方の契約との兼ね合いで)その辺は営業さんが判断して交渉して下さりますので、少しはお願いしてみていいかも(^-^)

少しでも、みなさんの物件探しの参考になったら幸いです。

ちょっと怖い不動産話

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でひろたつ0503を